遺品整理トクソウは心を込めてお片付けいたします。東京・埼玉の遺品整理はぜひ安心価格のトクソウへ! 遺品整理トクソウは”株式会社トクソウ”が運営しています。

遺品整理トクソウサイトマップ
  • 遺品整理トクソウ/ホーム
  • 遺品整理トクソウの作業の流れ
  • 遺品整理トクソウのお見積り
  • 遺品整理トクソウのよくあるご質問
  • 株式会社トクソウ:会社概要
  • 株式会社トクソウへのお問い合わせ

入浴中の高齢者死亡増!自宅でも注意!

読売新聞 2012年2月4日(土)
入浴中に高齢者が急死する事故が相次いでいる。

 大阪市のまとめでは、下旬から急に冷え込みの厳しくなった昨年12月には、前年の2倍にあたる30人が死亡。各地でも11月から3月にかけて毎年事故が集中することから、医療関係者らは寒い時期の入浴に十分注意するよう、呼びかけている。

 こうした事故は、一般に「ヒートショック」と呼ばれる。脱衣による寒さで血管が収縮すると血圧は上昇するが、熱い湯に入ると血管が広がり血圧は下がる。血圧や脈拍数の急変動が引き金になって、浴槽でおぼれたり、脳卒中、心筋梗塞が起きたりする。

 家庭の浴槽内での溺死者は年間約4000人に上り、うち高齢者は89%(厚生労働省調べ)。原因を心臓・脳疾患発作まで広げると、東京救急協会は「入浴中の死亡者は全国で年間1万4000人以上」と推計している。

 大阪市消防局によると、2011年の入浴中の死亡者は171人(速報値)で、うち65歳以上が90%。これまでを分析すると、約80%が自宅で入浴中に亡くなっているという。

 周囲に誰かがいる共同浴場に比べ、「個室」の自宅浴室の事故は、救護が遅れるケースが多い。大阪市でも、昨年12月だけで「風呂から出てこないので家族が見にいくと、頭まで湯につかっていた」(70歳代女性)、「脱衣所で倒れ、心肺停止状態だった」(80歳代女性)などの事例が相次いだ。救急課の担当者は「少しでも気分が悪くなったら、風呂の栓を抜いて。それで少なくとも溺死は防げる」と呼びかける。
【入浴事故予防のための対策】
    • お湯の温度は39~41度くらいで、長湯はしない
    • 脱衣場や浴室の温度が低くならないように注意する。
    • 食事の直後や、深夜に入浴しない
    • 気温の低い日は夜早めに入浴する。
    • 心臓や肺の慢性疾患高血圧症の人は半身浴がよい。
「少しでも気分が悪くなったら、風呂の栓を抜いて!それだけで少なくとも溺死は防げます!」