料金の決まり方

  • 廃棄物の種類(生もの、プラスチック、金属、割れ物、紙、衣類)や量、重さ
  • 作業員の延べ人数
  • 階層やエレベーターの有無など建物の状況
  • 駐車場や道路の状況
  • 清掃の有無
  • 特殊清掃・消臭作業が必要か

費用を安く業者に依頼したい場合は、できるだけ区市町村のごみ処理を利用してゴミを減らしておくと安く抑えられます。また不用品は知人にあげたり、リサイクルショップへ持ち込んだりして減らしておくのもいいですね。
注意しなければいけないのは不用品を整理するときに、ゴミを分別せずに袋詰めしてしまうと、分別しなおしのために手間がかかり人件費が増えてしまうのでご注意を。
また、片付け代金が高くならないようなコース、例えば片付け後の清掃をしないコースになどにすると代金を抑えられます。

この記事を書いた人